faxdmの特徴について解説します

広告を一般に配布する方法としては、昔のダイレクトメールに代わって、今はEメールが主流になっています。faxdmはfaxを使って広告を送る方法で、一見すると中途半端に思えるかもしれません。しかしEメールにはないメリットに注目が集まっています。まずEメールは大量に配信されるため、迷惑メールとして読まずに廃棄される可能性が小さくありません。これに対してfaxを使った広告は、必ず人の目に触れるという特徴があります。またEメールは消去してしまえば終わりですが、紙に印刷された広告は後々まで残るため、時間が経過してから反応が来る場合もあります。メールアドレスは収集の方法によっては法に触れる恐れがあります。fax番号は収集が容易にでき、発信にも法的な問題はありません。

コストパフォーマンスに優れた宣伝方法

もちろん通常のダイレクトメールに比べても、優れた点は数多くあります。特にコストがかからないことは大きなメリットです。ダイレクトメールは印刷費や用紙代のほか、郵送料や封入・ラベル貼りなど、さまざまな費用がかかります。それだけの時間も必要なため、機動的に運用できないというデメリットもあります。faxdmであれば原稿一枚を用意するだけでよく、一度に大量の広告を配信できます。通信費もDMに比べて大幅に小さくなります。きわめてコストパフォーマンスに優れた宣伝方法ですが、印刷費や用紙代を受信者の側が負担していると見ることもできます。そのため迷惑を感じる相手があり、クレームが発生するケースも少なくありません。利用する時と相手を選び、マナーを守ることは最低限必要です。

faxdmのデメリットと解決策

クレーム対策がfaxdmの最大のデメリットと言えます。広告に配信停止欄を設けておくことは、ひとつの対策になります。配信停止を希望する相手先には、即座に停止処理を行なうことが大切です。広告代行業者では、クレームのあった番号を自動的に削除するサービスなども行なっています。クレームの発生を抑えるには、反応のありそうな送付先を選ぶことや、相手の興味を惹くような文面を作成することも重要です。まったく縁もゆかりもない企業に広告を発信しても、良い反応が得られるとは期待できません。不特定多数の掲載されたリストではなく、自社で作成した名簿から始めてみるのも一案です。あらかじめ相手のニーズを把握し、それに応えられるようなサービスを提案することが、失敗しないコツと言えます。