faxdmのメリットはどんなものがあるのでしょうか

faxdmとはFAXを用いてDMを配信するサービスです。FAXに関する通信料や送信料のみで展開することができることがメリットになります。逆に配信先のFAX番号を事前に把握することが必要になります。そのため不特定多数に配信する様なDMには向かず、会員向けのDM展開に主に利用されています。出力される紙に関しては受信者負担となるため一般家庭ではあまり利用されておらず主に企業向けに利用されています。企業では、小物やオフィス用品などの発注を行うケースがあります。新商品などはカタログで検索したりしますが、随時更新することはできませんのでfaxdmを利用して配信するサービスを利用する事があります。新商品情報をFAXでお届けすることができるのです。インターネット時代であっても紙で残るメリットもあります。

高確率で相手先に見てもらうことができる広告

FAXは企業では日常的に使用します。そして郵便と異なり開封する手間を省くことができます。そこがFAXのメリットとなります。企業では決済する人が一人とは限りません。郵便であれば担当者の目に届かないケースがありますが、FAXの場合は高確率で目に届くことになります。ここもFAXのメリットになります。送信側の企業も相手先の状況を見てfaxdmの送信タイミングを考慮しています。毎日のように送信されれば、ただの広告になってしまうため、見られなくなってしまう可能性もあります。そのため送信するタイミングや相手先に需要のある商品をピックアップして送信するなどの対応も必要になります。お得意様の購入履歴をもとに商品をセレクトして配信するなどの工夫もなされているのです。企業でもリピートされる商品は限定されるのです。

情報量は最低限にしておくことが必要

FAXを活用する事のメリットは注文システムも兼ねることができることです。通常はインターネットでの注文受付をしているケースにおいても、FAXの下覧を利用して返信することで注文を受付することができるなど利便性の高い使い方も工夫の一つです。発注する人が見てすぐに返信できることが受注につながりやすくなっているのです。そのためFAXの返信を考慮して画像の解像度を上げるなどの工夫も必要になります。一枚の送信にかかる費用は数円です。そのため大量に配信してもコストはほとんどかかることはありません。しかし少しでも目につくように画像を多用したりカラー対応に応じるなどの工夫をすると通信料も同時に高くなってしまいますので注意が必要になります。相手先のトナーなどにも影響が出るからです。