faxdmとは何のことか解説します

faxdmは、ファックスダイレクトメールのことです。ダイレクトメールといえばハガキやチラシ、カタログなどを特定の顧客に送付することで商品やサービスを知ってもらうものですが、そのようなダイレクトメールのファックス版になります。ダイレクトメールは、予め用意した顧客の住所などに送付するものですが、ファックスの場合にはファックス番号に送信することになり、そのため立場としては電話によるテレアポに近いものになります。特にファックスでは印刷物がダイレクトに相手に届くので相手の目に止まりやすい傾向にあります。このため高い反応率が期待できます。また継続的に商品を購入してくれる顧客に対しては、郵送する方法よりもはやく相手に情報を伝えることができ、かつ安価に情報を送付できる手段になります。

faxdmを利用するメリットは

faxdmのメリットとしては、郵送するダイレクトメールと異なり、チラシやカタログを印刷する手間がなく出来上がった原稿を相手に送付することができるという点です。このため素早く情報を送りたい場合には最適です。また同様のものとしては電子メールがありますが、電子メールでは開封率が低い傾向にあります。その点でダイレクトに紙に印刷できるファックスは目に止まりやすいためダイレクトメールとしての効果が期待できます。また送付する側にとってのコストが安いものの受け取る側は用紙代を負担しなければなりません。このためダイレクトメールが不要な場合には送らないように伝えられますが、これによって見込み客の選別を行うこともできます。一方でデメリットとしてはモノクロでしか送付できず送れるサイズも限られます。このため多くの商品やサービスを相手に伝えるといった場合にはやや不利になります。

faxdmの費用の相場について

faxdmを利用する場合には、専門に行っている業者に依頼するのがもっともコストを抑えることができます。もちろん、自社から電話回線を用いて行うことも可能ですが、一度に送信できる相手が限られますし、なによりも通信費用が高額になります。特に遠方に送る場合には通信費も高くなります。その点で専門業者の場合には専用の回線を用いて全国一律の通信料金で行われます。費用の相場としては、安いところで1枚あたり3円で行ってくれます。ただし送る枚数が少ない場合には1枚あたり5円程度になります。いずれにしても、送付件数の関係から利用する場合には業者を利用する場合には3万円前後の費用が必要です。また送付するための原稿を作成してもらう場合には原稿料も必要になりますが、サイズが小さくモノクロという制約もあるためフルカラーのチラシよりも安くテンプレートを利用すれば数千円程度で行ってくれます。

ネクスウェイは、一斉に15万件のfax送信が可能です。 faxdmを上手に利用すれば、WEB広告ではカバーできないターゲットへアプローチすることもできます!長所・短所を知り尽くしたネクスウェイが、貴社をサポートします! 郵送DMが60~100円かかるのに比べて、faxdmは1/10のコストです。 faxdmをアンケートとして利用するなど、様々な活用方法をご提案します。 faxdmはあらゆる業界での契約実績も多数!